梶 健太出演 映画「おそろい」

2015年10月16日
東京オリンピックに向けて制作されました短編映画の『おそろい』が解禁となりました。
弊社所属の梶 健太は主人公の父親の大輔 役を演じています。
短編映画『おそろい』http://youtu.be/aY773cv8HSQ
おそろい梶健太梶 健太 (KAJI KENTA)
舞台経験は20作品を超え『ドン・カルロス』では主人公の親友役のポーサ侯爵役を演じる。
セリフは台本のほぼ半分がポーサ侯爵のもので3Pに渡る長セリフもあった。
『アーサー・サヴィル卿の罪と加護』では主役のアーサー・サヴィル卿を演じきる。
『赤 鬼』では主役の赤鬼の役を演じている。
古い時代、異国の人は偉業のものと恐れられていた赤鬼。
セリフが全て空白なのに2時間程の舞台にほとんどが出番という難しい役にも挑戦。
他の登場人物と言葉が通じない役でありながらも台本の空白のセリフは全て感情や他の五感で表すという大役を演じている。
その他にも『LLL〜恋の骨折り損〜』でロンガヴィル役など、コメディ舞台、NHKドラマや刑事ドラマにも多数出演。
Copyright© フェデルタマネージメント All Rights Reserved.